『粗利32%』工事台帳_4

GS5002

『粗利32%』工事台帳_4

(GS5002)

中途若年者は百戦錬磨の職人さんと予算折衝するのは苦手です。ベテラン社員の中にも「現場さえ収まれば」の気持ちが強く、会社の利益目標を二の次に考える方も少なくありません。結局予算を組めずに上長が折衝することが多いのではないでしょうか。受注金額を入力すると実行予算額が自動表示され、予算超過であれば赤字表記される「工事台帳」です。担当者は赤字表示額を±ゼロになるまで「自主考動」するようになります。具体的には倉庫の在庫を再利用して材料の発注額を抑えるようになります。倉庫も整理整頓され、一石二鳥の効果が生まれます。外注業者に対しては「もう少し安くしてくれませんか?」ではなく、「あと〇〇円安くしてほしい」と指値(さしね)折衝できるようになります。工事が始まってからでは大抵の場合職人さんに負けてしまいますので、着工前に「発注業務」を済ませてしまう事が大切です。

予期せぬ出費(土台が腐っていた)、手戻りによる出費(管理不足)など追加金も貰えず支払いを余儀なくされることもあると思いますが、こんな時、貴社の工事台帳では「仕方ない、仕方ない」と、支払いができてしまいませんか?この「工事台帳」では、予算を超過した支払いに対しては、「社長決裁!」と表示される機能があります。工事担当者と経理は社長に経緯を説明することにより、結果、対策を早めに立てることができます。「終わってナンボ」を許さない「工事台帳」として、多くの会社様に採用いただいております。

再ダウンロード有効期間(日数)1日 (購入した日から翌日24時まで)
ファイル名GS5002.zip
公開日2020/10/10
バージョンver.1.0
制作有限会社リフォ・レ
¥4,800(税込)