営業マン成績進捗管理ソフト

GS4790

営業マン成績進捗管理ソフト

(GS4790)

経営計画書から導かれた個人別粗利額目標値(ノルマ)をはじめに入力します。期首からの受注金額を入力していくと、本日現在の未達粗利額が表示されます。現場が竣工引渡しされると「工事台帳_4」と連動させた粗利額が確定し、「未成工事〇」から「完成工事●」として処理されます。期末に近づくと「●」表示が多くなり、粗利益額の「信憑性」も上がることになります。

本日現在の未達粗利額が表示されることで、担当者はこのソフトで「背中を押してもらう」効果により個人の意識にもよりますが、多くの社員は目標を達成できるようになります。さらに管理者は全社の表に移し替えることで、本日現在の全社達成度を知ることができます。経営者が欲しいのはこうした数値(管理会計とよばれている)であり、後追い処理的な会計事務所の月次決算(税務会計または制度会計とよばれている)の数値報告では、遅すぎて、タイムリーな経営判断ができません。
管理会計上も便利なソフトですので、ぜひご活用ください。

再ダウンロード有効期間(日数)1日 (購入した日から翌日24時まで)
ファイル名GS4790.zip
公開日2020/10/10
バージョンver.1.0
制作有限会社リフォ・レ
¥3,600(税込)